なぜ水周りのリフォームは高額になるの?

日本でリフォームが一般的になり始めたのは、1970年代です。ちょうど高度経済成長期が終わり、オイルショックなど先の長い不景気に足を踏み入れる直前の事でした。それまで住宅は言わば使い捨ての様な扱いで古くなると立て替えがメインで、人によっては別の場所に家を建てるという場合もありました。

またリフォームを承っている業者も元々工務店や設備業者など、今よりも規模は小さくさほど知名度もありませんでした。1980年代に大手住宅メーカーがリフォーム事業へ参入した事で、規模は一気に大きくなります。わずか10年足らずでリフォームは誰もが知っている言葉となり、それに合わせて住宅も建て替えではなくリフォームをして住むのが一般的になりました。バブルが崩壊してからは土地の値崩れが起きて土地に対しての信頼もなくなりました。

2000年台になると地球温暖化を皮切りに、個人で出来る地球環境への貢献が叫ばれました。それによって貴重な資源を無駄にしたくないと消費型社会から循環型社会への意識が強まり、リフォームにスポットが当たりました。単純に不景気が続いているので、新築を立てる。または立て替えをする財力が無くなったという視点もあります。

そんな身近になったリフォームですが、特に人気のある箇所は水周りです。しかし水周りのリフォームは正しいステップを踏み、且ついくつかの注意点があります。失敗しやすいからこそ、事前にリサーチを行う必要があります。

リフォームはいつから始まったの?

アナタはリフォームと聞いて何をイメージしますか?増築や設備の更新、原状回復など様々なものがありニーズによって大きく異なるのがリフォームの特徴です。 その中でも水周りのリフォームは人気があり、且つ高額になりやすいといわれています。その理由と平均相場をお教えします。

後悔しないリフォーム施工

せっかくリフォームをするのだから、後悔したくないと考えるのは当然です。建て替えやリノベーションよりはコストがかからないといっても、決して安い費用ではありません。 そんなリフォーム施工で損しない為には、何から始めるべきでしょうか?業者選び・施工について様々なポイントを説明しています。

水周りリフォームの注意点

業者選び・コストをクリアしたのでさっそくリフォーム依頼をしてみましょう。その前に実際にあったトラブルをいくつか確認してみましょう。 過去の事例を知る事で、視野が広がるだけでは無く未然にトラブルを防ぐ効果もあります。水周りリフォームはそれだけ繊細な施工といえるでしょう。